1億円ランナー・大迫傑、ぶっちゃけ発言を連発 「1億円は安い」「マラソンは体に毒」

『ダウンタウンなう』にマラソン選手の大迫傑がゲスト出演した。

大迫傑
(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

16日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われた。ダウンタウンと坂上忍、飲み友達の鈴木紗理奈がゲストと酒席でトークを繰り広げる。

2軒目ゲストには、マラソン選手の大迫傑が登場した。


 

■「1億円は安い」「マラソンは体に毒」

今年10月に開催された第41回シカゴマラソンで、2時間5分50秒という驚異の日本新記録を叩き出し、報奨金1億円を手にして話題となった大迫。

坂上から「1億円は『やったー!』っていう感じでした?」と尋ねられた大迫は、鋭い眼光をたたえて「モチベーションにはなってたんで、うれしかったんですけど……」と歯切れが悪い。

「ただ、ほかのスポーツとかの世界を見ていると、こんだけ半年間頑張って(1億円だけ)っていうのは思ったりしますね」と率直に語る。たとえばプロ野球なら、シーズン中は毎日のように試合がありアピールの場があるが、マラソンでは半年に1度しか走れないのだ。

年にわずか2回の「本番」で結果を出さなければ認められない厳しい世界。「マラソンって体に毒なんで、1回走るだけでダメージがすごい。しばらくご飯も食べられなくなるんです」と明かし、「なんで(こんな競技を)やってるんですかね……」と力なくつぶやいた。


 

■毒舌が止まらない大迫

その後もぶっちゃけ発言を連発する大迫。「ゴール直後に倒れ込むのはあり得ない」と断言し、「周囲への頑張ってますアピールに過ぎない」と語気を強める。「1度だけ僕もやってみたんですけど、足をすりむいて痛いだけだった」と吐き捨てた。

さらに「脱水症状になる選手は単なる準備不足」「マラソンは退屈」など、ミもフタもない言葉を投下し続け、トップアスリートならではの一味違う意識の高さを見せつけたのだった。

次ページ
■ネットでは共感の声

あなたにオススメ