秋元 康氏プロデュースの劇団員・谷口愛祐美の成長 「悔しさを出せるようになった」

秋元康氏プロデュースの劇団「4ドル50セント」の連続インタビュー第3回。大阪出身の谷口愛祐美に話を聞いた。

秋元 康氏がプロデュースする「劇団4ドル50セント」の第2回本公演『ピエロになりたい』が今月22日から上演開始される。

しらべぇ編集部では、その稽古場に伺い、劇団員6人へのインタビューを実施。今回は、大阪出身の谷口愛祐美に『ピエロになりたい』の見どころや、第1回旗揚げ本公演『新しき国』からの成長について話してもらった。


画像をもっと見る

 

■悔しい気持ちを出せるように

第1回旗揚げ本公演『新しき国』から半年。第2回本公演『ピエロになりたい』のオーディションなど、劇団メンバーとしてまた新たなことを経験した。その中で自分が成長したと思うところはあるのだろうか。

谷口:自分として成長したと思うのは、悔しいだとか、嫌だとか、そういう気持ちを持ってしまう自分を認めてあげられるようになったところですかね。私は悔しいと思う気持ちだとかを出すのがすごく恥ずかしいと思っちゃってたんですよ。


でも、この劇団では、みんながずっとライバルであるし仲間。だから、戦わないといけないし、助け合わないといけないしという環境で、自分が負けたくないっていう気持ちを恥ずかしがって引きこもってちゃダメだなって。


負けたくないって気持ちに対する恥ずかしさがちょっとなくなったのかなと思います。


関連記事:『やれたかも委員会』で「かわいすぎる」と話題の立野沙紀 「支えながら頑張りたい」

 

■『新しき国』を振り返って

『新しき国』は20日から動画配信サービス「dTV」で配信がスタートされる。この作品で、谷口は主人公の詩と唯一友達になる酒屋、香澄を演じた。映像として初めて舞台を観てくれる方に向けて、紹介したい見どころを改めて振り返ってもらった。

谷口:『新しき国』は由緒ある素敵な劇場でやらせてもらって、しかも第1回の旗揚げとなる作品。たぶん、みんなの若々しさじゃないんですけど、やる気というかこう、今からスタートするぞ! って気持ちが出てると思います。


私としては正直あんまりメインとして立っていたという印象はあまりなくて。でも、主役の詩ちゃんに自分から友達になろうって寄り添える役で、普段の自分にはできない、直接的じゃない優しさを演じるのはすごく楽しかったです。


香澄ちゃんは一見すごく派手な衣装で、売ってるお酒を自分で飲んじゃうような感じなんですけど、ずっと見てたら人間的なかわいらしさのある役なんですね。そういうところにも注目して観ていただけたら嬉しいな。

次ページ
■『ピエロになりたい』で演じる役柄は?

この記事の画像(3枚)