来年から出さない予告「終活年賀状」が話題 新年の挨拶はスマホやSNS上昇中

来年からは年賀状を辞退する旨と、これまでの感謝の気持ちを伝える…「終活年賀状」が注目を集めている。

話題

2018/11/18 07:30


 

■メールやSNSで新年の挨拶は?

そこで気になるのは、「新年の挨拶は、顔を合わせたときでいいのだ」派なのか、はたまた、メールやSNSで新年のメッセージを送ることはするのか…。

ということで、全国20~60代の男女1,342名を対象に結果「予定がある」と回答したのは、全体の37.5%。3人に1人は送る予定でいるようだ。

さらに性別・年齢別で見ると、年齢が若いほどメールやSNS利用で「新年メッセージ」を送る傾向。

男性は20~40代で大きな差はない。しかし、40代女性は30代女性よりもメールやSNSでメッセージを送る人が多く見られた。


関連記事:浜崎あゆみ、高級ブランド自慢に悲しみの声 「もうやめて!」「飽きたよ…」

 

■年賀状辞の文案も

年賀状イラストをダウンロードすることができるサイトを運営する「TB」では、昨年から「高齢のため筆をとるのが難しくなってまいりました」などの理由と、「今年をもちましてごあいさつ状を最後に」と年賀状辞退の旨を伝える文案の提供を始めたそうだ。

現在は70~80代が主な顧客層だというが、礼儀として年賀状を出してきた年代でありつつ、調査結果のようにメールやSNSも利用している40代も層も狙いめかもしれない。

年賀状の受付は12月15日から。「今年もよろしく」「今年をもちまして」、さて、どちらにしようか。

・合わせて読みたい→紺野あさ美が第2子妊娠を発表 「みんな気づいてた」との声があがるワケとは

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数) 調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,353名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)