芸能人の「夫婦不仲説ゴシップ」を信じる? 既女とそれ以外の人がかけ離れた結果に

週刊誌やワイドショー、スポーツ紙などでしばしば報じられるが…

離婚
(PATCHARIN SIMALHEK/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

毎年、11月22日(いい夫婦の日)が近づくと発表される芸能人・著名人のおしどり夫婦。今年は、陣内孝則・恵理子夫妻と、庄司智春・藤本美貴夫妻が、パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

このように、仲がよいことで知られる夫婦もあれば、同じ芸能界でもたびたび「不仲説」がささやかれるカップルも。週刊誌やスポーツ紙、ワイドショーなどの芸能コーナーで、こうした噂の真偽が報じられることがある。

こうした報道について、世間はどのように感じているのだろうか。


 

■不仲説を信じるのは4人に1人

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「芸能人の夫婦不仲説報道を信じる」と答えたのは、全体の24.7%。

夫婦不仲説

男性は21.4%とかなり少ないが、女性は27.9%と3割に迫った。


 

■30代以降の女性は不仲ゴシップ好き?

この調査結果をさらにくわしく見てみると、とくに不仲説を信じる(好む?)層が判明した。

夫婦不仲説

どの世代も男性より女性のほうが割合が高いが、中でも30代以降で不仲報道を信じる人が多い。40代までは2割を下回っていた男性も、なぜか50代以降では跳ね上がっている。

次ページ
■不仲ゴシップ信者は「既婚女性」か

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ