「自宅が燃えている」火事で子供2人死亡 「家族最後の思い出」に悲痛の声

兵庫県稲美町の木造住宅が火事になり、子供2人が死亡。

社会

2018/11/19 15:30

火事
(gemenacom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

19日、兵庫県内の木造住宅が燃え、住んでいた子供2人が死亡するという痛ましい事故があった。「仲のいい家族だった」という近隣住民の証言もあり、ネットには悲痛の声が相次いでいる。



 

■倉庫からコンロが見つかり…

19日午前0時半ごろ、兵庫県稲美町の木造2階建て住宅で「自宅が燃えている。倉庫から燃え移った」と住人の男性会社員(44)から119番があったという。

この火事で、木造2階建ての1棟がほぼ全焼し、そこに住んでいた一家4人が救急搬送された。両親と子どもの4人暮らしで、小学6年の長女(12)と小学2年の長男(8)が搬送先で死亡。父親の会社員も負傷したとのこと。

周辺住民の男性(68)によると、男性会社員の家族は18日、バーベキューをしていた可能性があり、倉庫でコンロが見つかっているそうだ。また、死亡した2人は子ども部屋がある2階にいたとみられている。


関連記事:浜崎あゆみ、高級ブランド自慢に悲しみの声 「もうやめて!」「飽きたよ…」

 

■「仲のいい家族だったのに」

悲劇に見舞われたこの家族について、近くに住む40代の女性はこう話したという。

「サイレンの音で目が覚めて外に出ると、屋根の隙間から炎が吹き出ていた。普段から庭でバーベキューをして楽しむ、仲のいい家族だったのに」


週末を一家団欒で楽しんでいたであろう家族に、このような悲劇が襲うと誰が予想したのだろうか。

次ページ
■「いたたまれない」と悲痛の声

この記事の画像(1枚)