乃木坂46・中村麗乃、生放送の不適切発言で批判殺到 「相当ヤバイ」「炎上は仕方ない」

乃木坂46・中村麗乃のラジオでの発言が物議を醸している。

中村麗乃
(画像は中村麗乃公式ブログのスクリーンショット)

18日放送の『らじらー!』(NHKラジオ第1)に乃木坂46・中村麗乃が出演。とある発言が「差別している」と物議を醸している。


 

■ラジオで「不適切発言」か

問題になったのは、番組終盤の「結婚相手」を紹介するミニコント。MCのオリエンタルラジオ・中田敦彦が母親役を演じ、中村の結婚相手を聞き出すという即興家族ドラマ。

中田が聞くと、中村は「髪の毛が生えてて、ちゃんと手も指5本ずつあって、足もあって立派に立っている人」と発言してしまう。

企画は和気あいあいと終了したものの、その後、中田が「不適切発言があったことをお詫びいたします」と謝罪した。


関連記事:娘と100均で買い物していただけなのに… 店員の「まさかの一言」に言葉を失う

 

■「相当ヤバイ」「若くても分かるよね?」

ネット上で物議を醸した中村の発言。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、彼女を批判する声が寄せられた。

「まるで障害がある人が立派ではないって言いかただね」


「これがオッケーだと思ったのがびっくりだよ。若くても分かるよね?」


「悪意あるのと、バカにしてるのと、ダブルパンチ。え? これがだめなの?っていう人もいるけど性格良かったらこういう言い回しにはならない」


「髪の毛は笑いに出来ても足と指が5本あるとか普通に笑いに持っていこうと思って言っているのであれば、この娘相当ヤバイよ」

次ページ
■「面白く言おうとしただけ」と同情の声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ