生活保護受給者の女性に告白した札幌市職員 停職2ヶ月に「重すぎない?」と同情の声も

停職2ヶ月という処分にも注目が集まる。

社会

2018/11/20 16:30

 

■ツッコミの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上ではツッコミの声が相次ぐことに。

・気持ち悪い。。


・違う世界で出会えたらよかったのにね


・告白するにしても担当外れてからの方がよかったね


・立場利用して言う事聞くとでも思ったのかな


関連記事:大量に飲酒しバイクを運転した刑務所看守 処分の軽さに「秋休み?」と騒然

 

■「処分すること?」「重すぎない?」の声も

しかし、一方では「処分されるほどのこと?」「ストーカーしたわけじゃないんだよね?」など、停職2ヶ月という処置が重すぎるのではと指摘する人も。

・処分されるほどのことなの? ストーキングしたわけでもなく、告白しただけだよね


・別によくない? 告白しただけでしょ。付きまとった訳じゃないし。これで処分は可哀相


しかし、業務で知り得た個人情報を利用し、口封じのために家を訪れたのも事実のため、「そんなに悪いことじゃないような気もするけど弱みにつけこんでるような気もするな…」など、判断に迷う人の姿も見られた。

とはいえ、女性からしてみれば、怖かったのは間違いない。


■告白経験アリの男性は約5割

しらべぇ編集部では以前、20代から60代の男女1500人を対象に、「好きです」「付き合ってください」など、交際を申し込む「愛の告白」をしたことがある人の割合を調査。その結果、全体の42.3%が「ある」と答え、男性だけに絞ると53.5%が経験者だった。

告白を成功させるには、シチュエーションや信頼の積み上げが大事。せめて女性が自分の担当を外れてから想いを告げれば、「ひとりの女性を生活保護から救った公務員」というドラマのような結果になった可能性も、少しはあったのかもしれない。

・合わせて読みたい→休日に公用車を6年にわたって乗り回す… 停職の宇陀市職員に「処分が軽すぎる」の声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年11月14日(金)~11月16日(火)
対象:全国20代~60代の男女1500名(有効回答数)

あなたにオススメ