栗原類、女性の発達障害に見解 「男女の差があってはいけない」に称賛集まる

19日に放送された『あさイチ』で、女性の発達障害について発言した栗原類の言葉が反響を呼んでいる

社会

2018/11/21 07:30

栗原類
(画像は栗原類Instagramのスクリーンショット)

19日放送の『あさイチ』(NHK総合)では、「女性の発達障害」を特集。出演したモデルで俳優である栗原類の発言が反響を呼んでいる。


 

■発達障害、症状は様々

近年、「発達障害」という言葉はよく聞くようにはなってきたが、発達障害とひとくちにいっても様々な種類や症状がある。

たとえば、忘れものや失くし物が多いことや集中力が維持できないなどの不注意や、じっとしていることが苦手な多動をもつ症状などの「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」。

人の気持ちを理解することや予定の変更が苦手な「自閉症スペクトラム障害(ASD)」。会話が一方的になりがちや特定の興味に熱中しやすい「広汎性発達障害(PDD)」など数多くの種類があり、症状の現れ方も千差万別だといわれている。


関連記事:風疹の流行拡大が止まらない! 「昔かかったことがある」の思い違いにも要注意

 

■栗原は8歳でADDと診断

栗原は、2015年5月に放送された同番組で、発達障害のひとつであるADHDのうち、多動の少ない「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白している。

このときも、8歳という年齢で診断、治療をしたことで「自分の弱点や出来ること、出来ないことがわかりやくなった」と前向きな姿勢を見せ、大きな反響を呼んだ。

次ページ
■女性の発達障害がわかりづらい理由

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ