宮川大輔『イッテQ』ヤラセ報道を謝罪 「気の毒」「この人の良さが出てる」

「祭り」企画に対する一連の報道について、お祭り男・宮川大輔が謝罪

日本テレビの大人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の宮川大輔が出演している「祭り」企画において、「ヤラセ」があったとされる報道

22日、宮川が一連の報道について謝罪。宮川の言葉に、同情と激励の声が寄せられている。


 

■「心配をおかけして申し訳ございません」

報道によると、都内で行われたイベントに登壇した宮川は、イベント終了後に報道陣からの問いかけに答えるかたちで「心配をおかけして誠に申し訳ございません」と、深々と頭を下げて謝罪し…

「僕は元気ですし、笑っていただける番組にしていけるよう、反省するところは反省して、頑張っていきます」


とコメント。同企画の当面放送休止が決定したことについては「ちゃんと聞いていないですけど…」と神妙な面持ちをしつつ「僕は信じているので」と、再び頭を下げたという。


 

■同情と激励の声が相次ぐ

宮川が一連の騒動を謝罪したとの報道に、ツイッターや『Yahoo!ニュース』では、同情と激励の声が相次いでいる。

・全く謝る必要なし。逆に謝ることでさらにこの人の人の良さが出る


・宮川さんが、板挟みになっているようで、気の毒ですね


・この話題に何も触れないわけにいかないし、触れたら結局謝罪せざるを得ないか…ある意味で被害者だよね


・今回の件は残念だけど、宮川さんは頑張ってやっていたと思うし…反省するべきところはしっかり反省して、頑張ってほしい


中には、「今回の騒動が宮川のイメージにも影響しているのではないか」といった懸念の声も。

次ページ
■祭りは「ジジイになるまでやる!」

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ