「勝手に食べるな!」以外にもある? 冷蔵庫に入れるものに名前を書く理由とは

朝に買った、食後のおやつに…

ライフ

2018/11/23 19:00

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

従業員のために、冷蔵庫を用意している会社も多い。しかし多くの人が使うと、どれが自分のものかわからなくなってしまう。そこで生まれたのが、名前を書いておく文化だ。


画像をもっと見る

 

■4人に1人は経験あり

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「冷蔵庫の利用について」の調査を実施。

冷蔵庫に入れるものに名前グラフ

「冷蔵庫に入れるものに名前を書いたことがある」と答えた人は全体で24.9%と、4人に1人はいることが判明したのだ。


関連記事:『レコード大賞』DA PUMPの入選に騒然 「西城秀樹さんのことがあるのに…」

 

■冷蔵庫の利用は女性に多い

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

冷蔵庫に入れるものに名前性年代別グラフ

冷蔵庫を利用するときには、名前を書く決まりになっている会社も多い。

「私は朝にコンビニに寄り、プリンなどのスイーツを購入。会社に着いたら購入したスイーツに名前を書いてから冷蔵庫に入れている。


昼休みに昼食を食べた後に、そのスイーツを食べるのが一番の楽しみ。『午後からもがんばろう』って思える」(20代・女性)


一方で男性は、ほとんど冷蔵庫を使わない人も多い。

「冷蔵庫に入れるものに名前を書く決まりにはなっているけれど、僕はとくに利用することがない。昼食は妻が弁当を作ってくれるし、他になにか買うってこともしない」(40代・男性)

次ページ
■冷蔵庫に入れたまま放置

この記事の画像(3枚)