東大王やカズレーザーらも活躍のクイズ番組 「クイズ好き」なのはどんな人たち?

テレビではクイズ番組が人気だが、クイズが好きなのはどんな人たちか調査してみたところ…

クイズ

『東大王』(TBS系)で活躍するキレキレの大学生たちの活躍や、『99人の壁』(フジテレビ系)など挑戦的な新企画もあってか、今、クイズ番組が熱い。また、いわゆる早押しクイズに加えて、「謎解き」もテレビや本などで人気を集めている。

芸能界にもメイプル超合金のカズレーザーやロザン・宇治原史規など数々の猛者がおり、メディアのコンテンツとしては欠かせないとも言えるクイズだが、実際どれくらいの人に興味を持たれているのだろうか。


 

■約3割がクイズ好き

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「クイズが好き」と答えたのは31.1%。

クイズ

男性は32.9%なのに対して女性は29.3%と、やや男性のほうが人気のようだ。


 

■中高年にはもってこいの娯楽?

このクイズファンの人たちを男女・年代別で見てみると…

クイズ

男女とも、おおむね年代が上がるごとに好きな人が増えていく傾向。60代では男女とも4割を超え、60代女性の43.9%という数字は全体で見ても1位の多さだ。

かつては、『クイズ100人に聞きました』(TBS系)や『クイズタイムショック』(テレビ朝日系)など、さまざまな番組がお茶の間を賑わわせており、クイズに触れる機会がさらに多かったためかもしれない。

高齢化が進む日本社会で、知的な刺激が得られるコンテンツとして以前にも輪をかけて有効とも考えられる。


■高収入男性はクイズ好き?

また、男女の年収別で切り分けてみると、男女とも中間層はやや低く、300万円以下と700万円以上の層にファンが多いことも判明。

クイズ

全体で、クイズファンの割合がもっとも高かったのは「年収700万円以上の男性」で38.4%。職業別では、経営者や自営業者などで好きな人がめだった。

女性では300万未満の層が多く、専業主婦(34.1%がクイズ好きと回答)などの娯楽になっていることも想像できる。

・合わせて読みたい→今では不可能?『アメリカ横断ウルトラクイズ』の魅力に迫る

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ