山崎夕貴アナ、中谷美紀の結婚報告へのコメントが物議 「かなり失礼」と疑問の声

『とくダネ!』山崎夕貴アナが、中谷美紀とティロ・フェヒナー氏の結婚についてコメントした。

テレビスタジオ
(ozanuysal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

27日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に山崎夕貴アナが出演。女優の中谷美紀とビオラ奏者のティロ・フェヒナー氏が結婚したことについてコメントし、話題になっている。


 

■「これは読めない」

ふたりの結婚について意見を求められた山崎アナは「あんな美男美女います? キラッキラに輝いていますよ!」と興奮気味。フェヒナー氏について「50歳でこんなカッコイイ人います?」と話し、中谷とフェヒナー氏の仲睦まじいツーショットに「はじける笑顔!」とコメントする。

また、番組では中谷が結婚報告で披露した直筆のコメントも紹介。山崎アナは「すごい…達筆ですよね。私も書道十段なんですけれど、私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆ですよ」と驚く。

中谷のコメントの中で「私」という字が小さく、謙虚な姿勢をあらわしているとの話が出ると、山崎アナは「そういうスタイル、たしかにありますよね。でも私みたいな中途半端な人が『私』って小さく書くと『なんか間違えたのかな?』って…」と自虐気味に笑いを誘った。


 

■「字は読めてナンボ」「ちゃんと読める」

中谷の直筆コメントに、ネット上でも「達筆だけど読める」「読めない」とさまざまな声があがっている。

「おめでとうございます! そしてめちゃくちゃ達筆な字」


「中谷美紀のFAXですが、いくら達筆でも、誰でも読めないとキレイとは言えないと思う。字は読めてナンボ」


「中谷美紀さんがご結婚されて、その達筆な結婚報告書にも話題が集まってるけど、『なんて書いてあるか分からない』『読めない』って言ってる人は自分で自分の無知晒して恥ずかしくないのかな」


「報告の手紙が達筆すぎて読めない というコメントをよく見かけますが、そんなに書体を崩していない読みやすい綺麗な字を書かれているので、ちゃんと読めると思うの」


■「なんか言い方なかったのかな」

また、『Yahoo!ニュース』では、山崎アナのコメントに疑問の声も。中には、「書道十段」をアピールしたいだけと厳しい指摘もみられた。

「本当に言いたかったことは『私は書道十段』のとこだと思う」


「読めないって、かなり失礼だな」


「変体仮名でも使っているのかと確認しましたが、10段ではなくとも普通に読める書面です。自分の何をひけらかしたいのでしょうか?」


「読めないって…悪気はないんだろうけど何かいい言葉には聞こえない。他になんか言い方なかったのかな」


中谷を褒めるためにあえて自虐コメントをしたと思われる山崎アナ。謙虚な姿勢が裏目に出てしまったのかもしれない。

・合わせて読みたい→結婚できなそうな女性芸能人 中谷美紀をおさえた第1位は…

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

あなたにオススメ