東淀川区・2歳娘虐待死事件 「義父がカメラで見せた態度」に非難が相次ぐ

当時2歳の娘に暴行を加えて殺害したとして、義理の父親が殺人容疑で逮捕された。

ビデオカメラ
(batuhan toker/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨年12月、大阪市東淀川区の自宅で当時2歳の娘に暴行を加えて殺害したとして、義理の父親(29)が殺人容疑で逮捕された。

あまりにショックな事件に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。


 

■取材に「しゃべるだけで涙が出る」

報道によれば男は昨年12月、娘の頭に暴行を加え急性硬膜下血腫などの傷害を負わせて死亡させたとみられている。男は昨年9月に妻(23)と結婚。妻と3人で同居し、養子縁組していた。事件当時、妻は外出中で自宅には男と娘だけだった。

男は警察の調べに対して「あやすために布団で抱きついて転がっていたら様子がおかしくなった」と容疑を否認しているという。

また、『MBS』によれば、男は逮捕前に取材した際に殴っていないことを主張し、娘が亡くなったことに「しゃべるだけで涙が出る。悲しい、俺は。そっとしておいてほしい」と話していたようだ。その際、男は取材中にタバコを吸っており、タバコでカメラを指差す映像も報じられている。


関連記事:妻の連れ子4歳女児の右目の骨折った男 悲惨な事件に「男より母親に腹が立つ」と悲鳴

 

■男の態度に「信用できない」の声も

報道を受け、『Yahoo!ニュース』やツイッターでは男に対する批判の声が相次いだ。

「死刑でも足りないくらい。ならないのはわかっても厳罰を望む」


「幼い子を虐待する人の考えが理解できない」


また、タバコを吸いながら取材を受ける態度に疑問の声も寄せられている。娘が亡くなっているにもかかわらず、かなりの余裕があると映ったのかもしれない。

「『俺は悲しい』って、タバコぷかぷか平気・平然としていて…」


「タバコ吸いながらではあまり信用できないな」


「殴った・殴ってないは分からないけれど『悲しい、涙が出る』という感情は微塵も感じられない。人と話をしているのにタバコを吸ってる時点で人となりが分かる気がする」


■両親から虐待を受けた経験は…

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,328名を対象に「虐待」について調査を実施したところ、全体でおよそ8人に1人が「両親から虐待を受けたことがある」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

虐待を否定していた男だが、はたして真実はどうなのだろうか。亡くなった女児の冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→交際相手の子供2人を暴行した介護士の男 「暴力をふるった理由」に呆れと怒りが続出

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ