橋本マナミ、初デートで「男を判断する基準」に批判殺到 ハリセン春菜が一喝

橋本マナミの「初デートの店の予算」で男を見るという発言が物議。7,000円~8,000円が理想だとする彼女の主張に、ハリセンボン・春菜がド正論で一喝した

橋本マナミ

27日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)にて、国民的愛人・橋本マナミが明かした「初デートのときに男性を判断する基準」が物議をかもしている。


 

■店の平均予算で男を見る

橋本は男性との初デートの際、相手から予約した店の情報が送られてくると、その店をグルメサイトで検索し、そこに記載されている「平均予算」の金額でその男性を判断しているという。

「7,000円~8,000円くらいだとクリア。OKなんですよ」と言う橋本に、明石家さんまは「それやめとけよ、いやらしすぎるわ」「それ、橋本マナミさんだけやで」と苦言を呈した。


関連記事:指原莉乃「メンバー傷ついて帰ってくる」と学園祭イベントに苦言 危機管理意識に称賛の声

 

■高すぎる男性は「体目当て」

橋本は、「男性のプライドとしても、ちょっといいところに連れて行きたいなと思わせる女性でいたいんですよ。安すぎると、ちょっと…」と、女性としての心理を説明。

しかし、あまりにも高い店は「体目当て」だと下心が透けて見えてしまい、警戒してしまうのだそう。

そのため、7,000円~8,000円くらいの価格帯がベストだそうで、これには若槻千夏も「それ本当に分かります。高すぎると怖くなっちゃう」と共感したいた。


■視聴者「ドン引き」

橋本のしたたかな一面に、視聴者からは批判的な意見が相次いでいる。

「結局男は金か」といった声も。

次ページ
■高飛車発言を春菜が一喝

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ