嘘の保険証を出してキャバクラで働いた中3女子 課されたペナルティに「闇が深い」

報酬の10%を「税金」と称して徴収したり、イベント時のコスチューム代を自己負担させるなど、グレーな搾取が横行していたようだ。

社会

2018/11/29 06:30

男女
(LuckyBusiness/iStock/Thinkstock)

警視庁少年育成課は28日、中学3年の少女をキャバクラで働かせたとして、キャバクラ店の店長の男(29)を風営法違反(年少者使用)容疑で逮捕したと発表。

少女が働くに至った経緯、そして店で課されていたペナルティに、ネット上では「闇が深い」などの声があがっている。


 

■「友人の姉」の免許証で入店

毎日新聞」によると、逮捕容疑は24日頃。葛飾区にあるキャバクラ店で、中学3年と無職のともに15歳の少女をホステスとして働かせた疑い。

中3の少女は「友人の姉」の保険証を見せ、同店で働くことに。しかし、この店には「ボーイと連絡先を交換したら罰金50万円」というペナルティがあり、中3の少女が実際に交換。毎月、給料から罰金が天引きされていたという。

その他にも報酬の10%を「税金」と称して徴収したり、イベント時のコスチューム代を自己負担させるなど、店側に利益がいくような不適切な搾取が横行していたと見られる。


 

■「金の行方が気になる」など

この報道に対し、ネット上では様々な声が相次ぐことに。

・この中学生たちの親は、帰宅が遅い/服装や化粧が派手になった等で、異変に気づかなかったのか?


・罰金の行方が気になる。実質ただ働きみたいな感じだったのかな?


・そんなに儲からなかったのかな…と考えたけどどうだったんだろ


・別の人の保険証って、少女も悪質だな

次ページ
■「ボーイもグルでは?」の声

あなたにオススメ