おしゃれしているつもりはなかったのに… ワークマン人気を先取りした男性

おしゃれするなんて言葉は、自分の辞書にない人々。行き過ぎると、不審者として職質を受ける可能性も…

ライフ

2018/12/02 05:00

おしゃれに興味なし
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バブルの時代のおしゃれは、お金がかかるものだった。しかし現代ではファストファッションなどの安いアイテムを、うまくコーディネートすることが主流になってきている。

おしゃれにお金がかからない時代だが、それでも洋服などの見た目にこだわらない人もいるようで…。

 

■4割近くが「おしゃれする概念なし」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「ファッションについて」の調査を実施。

おしゃれする概念がないグラフ

「『おしゃれする』概念は自分にはないと思う」と答えた人は、全体で36.4%。4割近くもの人が、おしゃれには興味がないと考えているのだ。

 

■服は着られたらなんでもいい

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

おしゃれする概念がない性年代別グラフ

男性には、ファッションに無頓着な人も多いようだ。

「服なんて肌を隠せて段を取れれば、なんでもいいと思っている。ファストファッションで買った服を何年も着回しているくらいだから、洋服にかけるお金はかなり少ないと思う」(30代・男性)

次ページ
■ワークマンが人気になる前から

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ