松本人志、ドルガバ騒動に対して持論展開 「箸は中国だけの文化ではない」

D&Gの酷すぎる対応や中国のズレた抗議に松本人志が持論展開。

エンタメ

2018/12/02 14:30

松本人志

2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)のPR動画の炎上騒動が取り上げられた。


 

■D&GのPR動画はなぜ燃えた

D&Gの宣伝動画はアジア系のモデルが箸を使ってピザやパスタを不格好に食べており、アナウンスで「棒状の食器をどう使うのか」「偉大なるピザ」など煽り要素もたっぷり。

中国国内で「中国を侮辱し差別している」と批判する声が上がると、D&G創設者ステファノ・ガッバーナ氏らしき人物が「人種差別?君の脳みそは硬いのかい?中国はクソの国だと言うことにするよ」と発言し大炎上。

D&Gは「創設者の発言はSNSアカウントの乗っ取りによるもの」と見解を明らかにしたものの上海でのショーを中止した。

中国では『D&Gブランド商品をハサミで切断する動画ぞくぞく投稿』や『通販サイトで商品を削除』そして不買運動など怒りの行動が止まらない。事態を重く見たD&G創設者二人が謝罪動画をYouTubeにアップした。


関連記事:桐谷美玲のインスタ投稿にファン悲鳴 「タトゥー入れたの?」「ヤバい」

 

■双方に対して批判の声

D&Gの炎上騒動に対して日本のネットでは双方に対して批判的な声がある。

次ページ
■日本人は「怒らない」

あなたにオススメ