葉加瀬マイがラブドールに変身? 「お人形になるため体作りから頑張りました」

あのオリエント工業でも撮影したという異色の写真集がリリース

オトナ

2018/12/02 20:00

葉加瀬マイ

「ミスFLASH2012」グランプリ、現在は女優やタレントしても活躍している葉加瀬マイちゃんが、最新写真集『愛玩』(光文社)を発売。東京・新宿で行われた発売記念イベントに、しらべぇ取材班も突撃した。


 

■演じるのはラブドール役

葉加瀬マイ

3冊目となる今作は、7月に中国や、ラブドールメーカーのオリエント工業などで撮影されたもの。タイトル『愛玩』には、玩具として愛してほしいという意味が込められているという。

「この作品では私がラブドールという設定なんです。男性がラブドール工場から私を連れ出して、一緒に逃避行をするというシチュエーションになっていまして、連れ去られた格好のまま上海市内の電車に乗ったり、町中で写真を撮ったりとかなり特殊な撮影でした。はじめは私も表情のないお人形のままなんですけど、その中で人間に愛されて、徐々に人間らしい表情になっていくんですよ」

と、ラブドール役を演じるという他に例をみないストーリーを紹介した。


関連記事:桐谷美玲のインスタ投稿にファン悲鳴 「タトゥー入れたの?」「ヤバい」

 

■男のロマンが詰まっている

葉加瀬マイ

ラブドール工場で撮影してみた感想を尋ねると「本当に不思議な空間で、実際に本物のラブドールに触ってみたらすごく人間っぽくて、肌触りも本物の人間みたいでした。お顔もかわいくて、男のロマンが詰まったような感じでしたね。私もそんな男性のロマンにできるよう頑張りました」と、実物のクオリティの高さに驚いていたようだ。

次ページ
■中国では見物人の人だかりが

この記事の画像(9枚)


あなたにオススメ