究極に自由だけれどちょっとさみしい一人旅 「旅をするなら一人がいい」と思う人の傾向とは

「フーテンの寅さん」や山下清画伯、沢木耕太郎の『深夜特急』のように、自由気ままな印象がある一人旅。誰かと旅行するよりも一人で旅したい人の割合を調べてみたら…

一人旅
(KapturePhotoSolution/iStock/Getty Images Plus)

誰にも気がねすることなく、究極に自由。でも、話し相手がいなくて少しさみしい。数ある旅のスタイルの中でも、一人旅にはそんなメリット・デメリットがある。

身の回りにも、お金が貯まるとふらりと旅に出てしまう知人がいるかもしれない。実際、どれくらいの人が一人旅を愛しているのだろうか。

 

■3割は一人旅好き

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「一人旅が好き」と答えたのは全体の30.7%。

一人旅

これだけでも少なくない割合であるが、男性は38.3%、女性は23.2%と、一人旅好きは圧倒的に男性に目立つ傾向も明らかとなった。

 

■『深夜特急』世代の男性が…

では、どのような人が一人旅を愛しているのだろうか。男女・年代別で見てみると…

一人旅

すべての年代で男性が女性を上回ったが、中でも突出しているのが60代男性の47.5%。バックパッカーのバイブルとも呼ばれた沢木耕太郎の著書『深夜特急』の第1巻が刊行されたのが、1986年。

当時、海外一人旅を夢見た中高年男性は、憧れもひとしおなのかもしれない。一方で、男性の中では20代が29.2%とあまり孤独な旅行には興味を持っていないようだ。

 

■未婚者はやはり一人旅好き

とはいえ、結婚して家庭を営む人は、男女を問わず一人での旅行をしづらい事情があるだろう。そこで、男女とも未既婚別にデータを見てみると…

一人旅

未婚の50〜60代男性は、一人旅志向が5〜6割と同世代の既婚者と比べても、また全体の中でも際立って高い。3、40代は未婚者のほうが高いものの既婚でも比較的高く、それほど大きな差が開いていない。

一人旅

また、全体では男性を大きく下回った女性の一人旅志向だが、未婚者に限ってみると4割に迫る世代もあり、夫や子供などのしがらみさえなければ、女性も一人旅を好む割合が上がることが判明した。

・合わせて読みたい→約3割が「不審者に声をかけられた経験」あり 男性は未婚だとターゲットになりやすい傾向も

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)

あなたにオススメ