TOKIO、18年目で最大のピンチを乗り越えコメを収穫 称賛の一方で山口達也氏不在を嘆く声も

福島県で新男米とふくおとこの収穫作業を行ったTOKIO。思わぬ敵も?

エンタメ

2018/12/03 06:00

TOKIO

2日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「DASH村」。城島茂・国分太一・松岡昌宏の3人が福島を訪れ、「新男米」と「ふくおとこ」を収穫し味わう様子が放送された。


 

■18年目にして最大のピンチ

今年は番組存続の危機だったこともあり、例年より1ヶ月遅く田植え。さらに7月からの常軌を逸した暑さが福島を襲う。悪条件が続いたため、城島は心配そうに苗へ向かった。

そこで目にした苗はヒョロヒョロで葉が黄色く枯れかかっており、「18年目にして最大のピンチ」とナレーション。その後「分けつ」が例年に比べて進んでいないことが判明し、城島はショックを受ける。

この原因は全て、1ヶ月田植えが遅れたことによるのだという。ここは三瓶専次郎さんが「水を抜く」という「一か八か」の措置にでる。


関連記事:桐谷美玲のインスタ投稿にファン悲鳴 「タトゥー入れたの?」「ヤバい」

 

■稲刈りに成功

2週間後、再訪し再び苗を見ると、米となる穂が。それを見た城島は安堵の声を上げる。ところが、そんな苗に再び試練が襲う。大型の台風24号が福島県に接近したのだ。

ここでは国分太一が強風と雨風に負けないよう、4つの株を縛り補強。強い勢力を持つ台風だけに被害が心配されたが、倒れた稲もあったが、なんとか耐える。

そしてTOKIOは、猛暑と台風を乗り切った稲をいよいよ収穫へ。城島茂に加え、8年ぶりとなる国分太一と「福島の仲間たち」と共に、稲刈りを行う。

さらに新男米と三瓶明雄さんのチヨニシキを合わせた「ふくおとこ」の稲刈りも。こちらは3年ぶりとなる松岡昌宏も参加し、3人で作業を行った。

次ページ
■試食に5つお米マイスターが登場