「M‐1王者」霜降り明星・せいやのお笑い魂が泣ける 「笑いでいじめを跳ね返した」過去

『M-1グランプリ2018』王者の霜降り明星。ボケ担当・せいやの学生時代のエピソードが話題になっている。

霜降り明星・せいや
(画像はせいや公式Instagramのスクリーンショット)

2日、漫才日本一を決める大会『M-1グランプリ2018』(朝日放送)で、結成6年目の霜降り明星が優勝を勝ち取った。インターネット上では、ボケ担当・せいやの過去が「泣ける」と話題になっている。


 

■霜降りが大切にする冠ラジオ

審査員を務めたお笑いコンビ・ナイツの塙に、「吉本の宝」と言わしめる圧巻の漫才を披露した霜降り明星。

関西では、今田耕司MCの『今ちゃんの実は』(朝日放送)や東野幸治MCの『マルコポロリ』(関西テレビ)といった人気番組に出演するなど、その頭角を現していた。

そんな彼らが「大切にしたい」と話す冠ラジオ『霜降り明星のだましうち!』(ABCラジオ)では、せいやが学生時代に受けた壮絶ないじめについて明かしていた。


 

■いじめのストレスで抜け落ちる頭髪

小学生の頃から漫才でテレビに出演するなど学校の人気者だったせいやだが、高校に進学するとその風向きが変わる。中学までと同じように周りを笑わそうと務めたことで、いじめを受けるようになったのだ。

そのいじめは壮絶なもので、ストレスで頭髪が抜け落ち、母親から「転校してほしい」と心配されるほどだったという。しかし、せいやは「負けたくない」「笑いでいじめを跳ね返そう」と決意。いじめを受けながらも明るく振る舞うことを忘れなかった。

次ページ
■笑いを信じ貫いたせいやに湧きあがる歓声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ