上沼恵美子の「『M-1』審査員引退宣言」に騒然 「寂しい」「辞めないで」

上沼恵美子がラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』で、『M-1』の審査員を引退すると明かした。

上沼恵美子

3日、関西で多くの冠番組を持つ司会者・上沼恵美子がラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。漫才日本一を決める大会『M-1グランプリ』(朝日放送)の審査員を引退すると宣言した。


 

■上沼「なんか文句あんのか」

上沼は「今、新幹線で帰って参りました。のぞみは速いな。トイレ行っておしっこしようとするのも難儀やな」と上沼節を交えながら帰阪を報告。前日の『M-1』で審査員という大仕事を終えたことを伝えた。

共演者のお笑いコンビ・シャンプーハットのてつじが、「現場の雰囲気とかを振り返ってください」と話を振ると、「なんか文句あんのか!」とお怒り。てつじが「なんも怒ってないですよ」と笑いながらなだめた。


 

■来年については「むしろ出場したい」

上沼はまず、「松本人志さんに『ぜひ上沼さんに(審査員をしてもらってください)』と言っていただいていることが光栄でございます」と、ダウンタウンの松本人志に感謝の気持ちを表明。

続けて、霜降り明星や和牛の漫才、『M-1』という番組の可能性について振り返ったあと、「私みたいな年寄りがちょこんと座って偉そうにしてる場合ではないんですよ。だから私は(審査員を)引退します」と宣言した。

そして、最後は「審査員は引退しますけど、むしろ出たいですね」と貫禄のトーク展開で締めくくった。

次ページ
■ネットでは「寂しい」の声が相次ぐ

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ