元アイドル・七海ティナがセクシー女優に挑む 「自分を知ってもらうためにAVを選ぶ理由」とは

元アイドルの七海ティナが、ついにAVに挑戦! インタビューでいまの心境を聞いてきた。

オトナ

2018/12/04 21:00

七海ティナ

有名な地下アイドルグループを解雇された過去を持ち、様々な苦しい逆境を跳ね除け、2019年1月10日にSODで専属デビューすることが決定した七海ティナちゃん(24)。

現在もアーティストとして活動する彼女が、なぜAVの世界に足を踏み入れたのか。本人にその真意を聞いてきた。


 

■もともと70キロあった?

七海ティナ

「スタイルの良さ」が印象的なティナちゃん。そのことを正直に伝えると意外な返答が返ってくる。

七海:もともとはスレンダーじゃなくて、頑張ってこれになったんです! 昔は70キロあったので…正直どすこい体型でした(笑)。実際、人生で太っている時期のほうが圧倒的に長いですし。


だからスタイルをチャームポイントって言うのはおこがましいって感じがして…強いていうなら歯並びがいいところと、笑うと目が目が細くなることですかね。


男性にも負けず劣らずのサイズであった彼女、しかしグラビアがきっかけでダイエットを決意し始めたのだとか。

七海:ダイエットには食事制限と運動、まずは「食べたら動く!」みたいのから始めて。あと、趣味のボクシングと筋トレはかなり維持に繋がってますね。でも、一番簡単なのはエスカレーターとエレベーターを使わないこと。これ…シンプルでめっちゃ効効くんですよ!


関連記事:インドア美少女・野々原なずながセクシー女優に挑戦 漫画でAVの世界を発信する理由とは

 

■「もっと知ってもらいたい」

七海ティナ

今は、ソロアーティストとグラドルとして活動している。様々な活動の中で「ヌード」に挑戦し話題を集めたことも。

七海:ヌードはグラビアの延長線だったんですけど、「もっと知ってもらいたい」と言うのが根本にあって。もちろん反響はありました…賛否両論。でも、どうやったら私って言うのが広まるんだろうってずっと思ってたので。


当時は「ヌード堕ち」なども囁かれたそうだが、実際はそうではない。自分の存在を広めるため自ら選んで出した答えが「ヌードの挑戦」や今回の「AVデビュー」だったわけだ。

そんな自分を発信していくことを重要視しているティナちゃんだが、一番大切とも言える名前に関して「おっちょこちょいな失敗」をしたことがあるそう。

七海:エゴサに引っかからないんですよね、改名前の七碧ティナ(ななみ・ティナ)のほうは。地下アイドル時代に担当カラーが青だったので合わせたつもりだったけど、お客さんに『あの字緑色だよ』って言われて「知らなかった…」ってなって(笑)。

次ページ
■母の思いが原動力

この記事の画像(12枚)