片山さつき、桜田義孝…ポンコツ議員を拾う二階俊博自民党幹事長 その力の源泉とは

自民党幹事長であり、安倍政権を支える大黒柱として存在感を増している二階俊博氏。その力を支えているものは何なのだろうか。

社会

2018/12/04 11:00

安倍晋三首相による今回の内閣改造で、野党から追及されているのが、片山さつき地方創生担当相と桜田義孝五輪担当相だ。


 

■疑惑が噴出する片山大臣

片山さつき

片山大臣が代表を務める政治団体3団体が、2017年分の政治資金収支報告書の収支を繰越金を含めて計600万円余訂正したことが、総務省が30日に公表した収支報告書で判明した。訂正は11月28日付。

10月の初入閣後4回目で、片山氏は3度目の訂正後に国会で「これ以上ない」と答弁していた。片山さつき大臣は産廃利権に対する口利きに関しても『週刊新潮』で報じられ、国税庁への「口利き」が『週刊文春』で報じられ、野党からの集中砲火を浴びている。

次々と出てくるスキャンダルは、まるで「疑惑の総合商社」の呈を出している。


関連記事:桐谷美玲のインスタ投稿にファン悲鳴 「タトゥー入れたの?」「ヤバい」

 

■USBがわからない桜田大臣

桜田大臣はサイバーセキュリティ担当であるにもかかわらず、

「USBが何であるかもわからない」


「USBは穴に入れるらしいですけれども、わからないので、官僚に聞いてください」


「自分でパソコン(PC)を打つことはありません!」


と爆笑答弁を連発し、 この発言は米ニューヨークタイムズ紙や、英ガーディアン紙をはじめとした世界中のメディアで報道され、失笑を買った。じつを言うと、この「問題大臣」2人に共通することがある。二階派だということだ。

次ページ
■二階幹事長への恩義で入閣?

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ