娘の部屋で毛布にくるまる塊を発見した母 「衝撃の中身」に言葉失う

宮崎県内で少女が生後間もない男の子を実家の自室に遺棄するという事件が発生。第一発見者はその母親だった。

社会

2018/12/06 09:00

赤ちゃん
(Axiara/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

宮崎県内のある家で起きた悲劇…。娘の部屋を訪れた母が目にした「塊」の正体に、多くのネットユーザーが絶句しているようだ。

 

■出産して間もない男の子

11月24日、母が毛布を剥いで目にしたものは、なんと生後すぐの赤ちゃんの遺体だった。娘は県内に住む飲食店従業員の少女(19)で、11月23日ごろ産んで間もない赤ちゃんを実家の自分の部屋に放置して遺棄した疑いがもたれている。

調べに対し、少女は現在容疑を認めているという。また警察は、この少女が自室で出産した可能性もあることを踏まえ、詳しい動機などを調べているとのことだ。

 

■「ありえない」と絶句

乳児を遺棄するという少女の行動に、ネット上では「ありえない」「意味がわからない」と言葉を失った人が多くいたようだ。

・本当にありえない。胎児だって一つの命だから

 

・平気でこういうことできる人の気がしれない。自分がこの人の友達だったらかけてやる言葉もない

 

・意味がわからない。同じ人間として理解できない

 

・こういうニュース見て毎回思うけど、どうして親に相談したりできないんだろうか。この事件では母もいたって言うし…

次ページ
■「産んだ本人もかわいそう」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ