小川直也氏と松野頼久元官房副長官の美人妻に密会疑惑 「政界の渡り鳥」関係者が激白

民主党、日本維新の会、維新の党、希望の党と渡り歩いてきた松野頼久前衆院議員。その美人妻が元プロレスラー・小川直也氏との密会を報じられた。

男女

2018/12/07 05:30

松野頼久

柔道の元世界王者でプロレスラーとしても活躍した小川直也氏と、松野頼久元官房長官の美人妻が「焼き肉デート」や深夜の密会をしていたと6日発売の『週刊新潮』が報じた。

 

■衆院選で比例復活が叶わず

松野氏は細川護熙元首相の秘書出身。2000年に初当選して以来、衆院議員に連続6期当選してきたが、昨年の総選挙で希望の党から地元の熊本一区で出馬したが、落選し比例復活も叶わなかった。

鳩山由紀夫首相の側近として内閣官房副長官を務め、2012年総選挙の前には、民主党の苦戦が予想されたために、長年世話になった民主党を離れて、石原慎太郎代表、橋下徹代表代行の日本維新の会に入党。

平沼赳夫衆院議員(当時)が就くまで、同党の国会議員団代表を務めた。その後、政界再編を目指して、日本維新の会を、石原慎太郎代表や平沼赳夫氏ら極右系と主流派とに分党。

渡辺喜美代表の独断専行に嫌気がさして、みんなの党を離党した江田憲司代表が率いる結いの党と維新の会主流派は合併して、維新の党結成に参画して、維新の党代表代行兼国会議員団会長、維新の党幹事長を歴任した。

 

■維新の党の代表になった後は…

2015年5月に大阪都構想が住民投票で否決されると、橋下徹共同代表は代表を辞任し政界引退を表明、江田憲司共同代表も引責辞任した。そのため、代表が空席となったために、維新の党は両院議員総会を開き、後任に松野氏を選出。

安倍一強に対抗する野党を創るために、2016年3月に民主党と維新の党は合併して、民進党を結成した。

「民主党の名前では政権交代が叶わない」という松野氏の意見が採用され、党名は民進党になったが、かつて民主党を裏切り日本維新の会に鞍替えした落とし前をつけるために、無役になった。

父は衆議院議員、防衛庁長官、農林大臣、労働大臣、総理府総務長官を歴任し、引退後は「政界のご意見番」として大物政治家を指南してきた松野頼三氏。次女・松野未佳は2016年ミス日本コンテストグランプリ受賞者である。

次ページ
■節操のなさには呆れる声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ