アイドルは本当にやりたくて活動しているのか? 元アイドルが内情を激白

今や日本には3,000組以上のアイドルグループが存在する。親のエゴや自己顕示欲だけではやっていけない。

悩み
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今や日本のアイドルグループは3,000組以上、そのグループの平均を5名だとするとその人数は15,000人にもなります。つまり個人も含めれば30,000人以上がアイドルとして活動している計算になります。

しかし実際問題としてアイドルを職業として食べていけるのは、私がアイドルをしていた経験上、その1%以下だと言い切れます。


 

◾️アイドルは美味しい職業?

人間は誰しも職業でも部活でも、何かのメリットを考えて選ぶもの。それが賃金であったり、やり甲斐であったりするわけですが、アイドルの場合は自己顕示欲が賃金の前に存在します。

アイドルという職業は「自分をかわいく綺麗に演出して、ちやほやしてもらいたい!」という深層がその職業へと導いています。

女性の場合、普段から服装や髪型でも自己アピールすることが日常ですので、アイドルという職業の敷居が低くなった今、これだけの人数がアイドルを名乗るのも必然ともいえます。


 

◾️アイドルって儲かるの?

アイドルと芸人、アーティストは同じような境遇に位置しています。ピンキリという言葉を人に使うのはちょっと気が引けますが、この世界は売れれば勝ちです。

が、アイドルだけで食べていくのは困難だと言えます。誰もがアイドルを名乗れる時代、飽和状態になっていて、ただカラオケレベルや学園祭レベルのダンスが踊れるくらいでは、とてもではありませんが食べていけません。

次ページ
◾️本当にアイドルをやりたいのか?

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ