真矢ミキ、「テキーラ飲ませ性暴力」の卑劣な手口に「リアル犯罪アカデミー」と憤激

7日放送の『ビビット』ではこの事件を特集。MCを務める女優の真矢ミキは「リアル犯罪アカデミー」だと怒りを露わにした。

社会

2018/12/08 07:30

真矢ミキ

有料で女性の口説き方を教える「リアルナンパアカデミー」の塾生らによる女性暴行事件で2名の男が逮捕された。

7日放送の『ビビット』(TBS系)ではこの事件を特集。MCを務める女優の真矢ミキは「リアル犯罪アカデミー」だと怒りを露わにした。



 

 

■テキーラ15杯飲ませ、性的暴行

逮捕されたのは、「ナンパの技術を学べる」と謳う「リアルナンパアカデミー」の塾生で、世田谷区役所の職員ら2人。

今年3月、再逮捕された塾代表の渡部泰介容疑者とともに3人で、女性を新宿区にあるマンションの部屋に連れ込んだ。ダーツなどの罰ゲームと称してテキーラ15杯ほど飲ませたのち、性的暴行を加えたとされている。

リアルナンパアカデミーの逮捕者は、これで7人目となる。3人とも容疑を否認しているが、「リアルナンパアカデミー」の家宅捜索で、犯行の様子を映し出した動画が押収され、発覚した。


関連記事:「ナンパ塾」塾長が性的暴行で逮捕 衝撃の実態に「性犯罪者育成塾」と非難殺到

 

■被害女性「動画を拡散されるかもしれない」恐怖

7日放送の『ビビット』では、7年前ころから活動をはじめこれまでの塾生は1000人に上るという「リアルナンパアカデミー」の悪質な手口などを明かした。

また、番組では昨年7月に被害に遭った女性に取材している。被害女性は、無意識のうちに撮影された動画を「拡散されるかもしれない」との恐怖で、2カ月間、自宅から出られず12キロほど体重が落ちたことを明かした。

次ページ
■「一生残るデジタルタトゥーに…」