それって幸せアピールなの? 恋人との画像をネットに公開する人の心理とは

イチャイチャ画像は、もうお腹いっぱい…

 

■アピールしないと保たれない幸せなんて…

人生経験が長い人たちは、その幸せも長くは続かないと知っている。

「付き合っている頃はわからないかもしれないけれど、いずれ別れる可能性のほうが高いのに…」(30代・女性)


結婚して幸せな家庭を築いている人も、わざわざアピールはしないという。

「お互いに、自慢できるような容姿じゃないからね。フォロワーさんたちも、おじさんとおばさんのツーショットなんて見たくないだろうし。


でも別に夫婦仲が悪いってわけでなく、家族全員が幸せ。アピールしないと保たれない幸せなんて、もろい気がする」(40代・女性)


 

■別れた彼女が画像を消してくれない

恋人と一緒に撮った画像で、実際にトラブルが起きている人もいる。

「別れた彼女が、僕との画像を消していないのが怖い。こちらから別れを言ったので、当てつけかもしれないけれど…。


友達からも『別れたのか別れてないのか、どっちなの?』って聞かれることがある。でも今さら、『画像消してよ』なんて連絡するのも嫌だし」(20代・男性)


なかには恋人でもないのに、画像をアップされた人も。

「会社の男性社員と仕事帰りに食事に行っただけなのに、二人で撮った画像を勝手にアップされた。


次の日に会社でみんなに『付き合ってたの?』とか聞かれたし、勝手なことはほんとにやめて欲しい。それまで好意的に思っていたのに、一気に苦手な人になった」(20代・女性)


どんなに大人が危険性を説いても、幸せな二人に届くことはないのだろう。

・合わせて読みたい→こんなことに使われるなんて! SNSに投稿した写真を悪用されたケース3選

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代恋人・配偶者のいる男女808名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ