ライターになりたい人も必見! コラムニスト・東 香名子氏に習う「バズるタイトル」とは

コラムニスト・東香名子さんの著書『100倍クリックされる超Webライティング バズる単語300』が今月10日に発売。実際にタイトルの付け方も教えてもらった!

エンタメ

2018/12/11 12:20

 

■「なるほど」「確かに」に連続

今回、東さんにお願いして、「バズる記事が書きたい…」と毎晩涙で枕を濡らしている、しらべぇ編集部の若手記者・ステさんが、タイトルの付け方をアドバイスしてもらえることに。

実際に例に使ったのは、「出川哲朗、本田翼とのキスシーンの裏話を暴露 ケーキ『あーん』に激怒で会場爆笑も」というタイトルだ。

ステさん:これは出川哲朗さんと本田翼さんが登壇したイベント取材で、CMではキスシーンがあったけど、「本当はキスしてないんだよ」って暴露をしたというものですね。後半はケーキを食べるときに、爆笑した何かあったんだなってことを伝えようとしました。


「暴露」や「激怒」であったり、何か「バズる」ために変えたほうがいいと思うポイントがあれば、教えてほしいのですが…。バズりたいです…。


東:いまパッと見て思いついたのが、「暴露」の前に「ガチ」を入れて、「ガチ暴露」にするとかですかね。この本(『バズる単語300』)にも「ガチ」は入っているのですが、基本的にタイトルは書き言葉で作られるじゃないですか?


でも、そのタイトルの中にいきなり「ガチ」とか「マジ」とか、話し言葉の単語が入ると、読者は「おっ?」と食いつきやすくなるんですね。


ステさん:確かに…。その一言が入っただけでキャッチ―な感じになった気がします!


ほかにも、「ケーキ「あーん」に激怒した『ワケ』」など、『バズる単語300』に収録されているものを使った様々なパターンを教えてもらったステさん。

しかし、その目からウロコのテクニックのすごさに、ステさんは途中から「確かに」と「なるほど」以外の言語を忘れた悲しきライターと化してしまっていた。


関連記事:『月曜から夜ふかし』フェフ姉さんが英語レッスンで下ネタ連発 想像を絶する発言にマツコも絶句

 

■誰しもがWebで文章を書きうる時代に

最後に、『バズる単語300』を購入する人に向けてのメッセージをもらった。

東:仕事でWebを使っている人だけに向けたものではなく、今までとくにWebの仕事をしていない人にも、入門で使いやすい本になっています。


これからどんどんWeb上で自分の気持ちを表現する人が増えてくると思いますので、そうしたときに役に立ってくれたらいいなと思います。


しらべぇ編集部でも、記事タイトルに迷ったときは参考にしている『100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300』。

1作目『100倍クリックされる 超Webライティング 実践テク60』と合わせて、ぜひチェックしてもらいたい。

・合わせて読みたい→『FNS歌謡祭』オープニングに視聴者騒然 「AKBが公開処刑」「かわいそう…」

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

この記事の画像(7枚)