紺野ぶるま「AKBにいそう、はもはや悪口」 強烈な自虐に批判の声相次ぐ

『女芸人No.1決定戦』にて、紺野ぶるまがAKB48メンバーの容姿を批判するネタを披露し、ファンから怒りの声が相次ぐ事態に

紺野ぶるま
(画像は紺野ぶるま公式Twitterのスクリーンショット)

阿佐ヶ谷姉妹が2代目女王に輝いた、10日放送の『女芸人No.1決定戦THE W』(日本テレビ系)。

決勝の1回戦で横澤夏子と対峙したピン芸人・紺野ぶるまが、アイドルグループ・AKB48の容姿を批判するネタを披露し、ファンから怒りの声が相次ぐ事態となっている。


 

■「AKBにいそう、はもはや悪口」

紺野は、売れない女優が田舎でモテはやされた日々を回顧しながら、地元の知人に愚痴をこぼす…といったネタを披露。ネタの主人公に自身の半生を投影しながら作ったそうで、実感のこもった「ねぇ、どうしてくれる?」に会場は大ウケ。

しかし、「周りからかわいい、美人と言われて業界に入ったが、実際にはそうでもなかった」というエピソードを披露するくだりで…

「地元のみんなも、いまだに私が『AKBにいてもおかしくなかった』って言ってくれてる? あのさ、『AKBにいそう』って、このご時世もはや悪口だと思うよ。ねぇ、どうしてくれる?」


とのセリフが。


 

■「失礼すぎる」と批判の声

ネタはウケていたものの、AKB48メンバーの容姿を揶揄する内容にファンは憤怒。視聴者からも「さすがに失礼」との批判の声が相次いでいる。

「公共の場で言うことではない」「人を傷つけて笑いを取らないでほしかった」といった声が目立つ。

次ページ
■「面白かった」「貫いて」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ