好意寄せる女性患者に何度も電話した医師 対応した夫への「ありえない発言」に恐怖

一方的に好意を寄せていた女性患者に電話をかけ、夫を脅したクリニック院長の男が脅迫容疑で逮捕された。

 

■「体験談」を語る声も…

また、一方的に好意を寄せられることの恐怖を語る声も。

「こういう男の人怖い。私もジムでいい年の男性に話し掛けられて無視するわけにもいかず話していたら段々馴れ馴れしくなってきて私が旦那よりもその男性を好きと思い込んでしまって…ちょっと素っ気なくしたら自分のトレーニングシューズを投げつけて来たよ。怖かった」


「こっちに何の気もないのに一方的に好意を寄せられてやんわりかわそうとしてもきっぱり断ってもいきなり相手が暴走するのって、その場になってみないとわからない部分があるから怖いよ相手の隠れた非常識さとか人間性なんてそんなのわからないもの」


 

■ストーカーと思われてもおかしくない行為をした人は…

複数回にわたって女性に電話をかけているが、これにたいして「ストーカーでは?」と指摘する声も。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「ストーカー行為」について調査したところ、約1割が「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」と回答している。

ストーカー男女別グラフ

「恋は盲目」というが、もしかすると、男は自分の行為が迷惑をかけていると気づいていなかったのかもしれない。


「ぶっつぶす」という脅しによって、自らのクリニックの評判を下げてしまった今回の一件。「医者と患者」という立場をわきまえてほしいものだが…。

・合わせて読みたい→病院で歯科医師に目隠しされたあと…20代女性の身に起きた悲劇に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ