「お腹の子供か妻か」命の選択を迫られた夫 残酷な悲劇に夫が下した決断とは…

手術
(Six_Characters/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供を待ち望む夫婦にとって、子供を授かった瞬間の喜びは何物にも代えがたいほどの幸せなはず。そんな中、コロラド州で夫を襲った「苦渋の選択」にネット上では同情の声が相次いでいる。


 

■子供か、妻か…

1月に出産予定だった妻だが、2ヶ月ほど早い11月に突如、大量出血をしてしまい病院へ搬送されることに。母子ともに危険な状態だったようだ。

すると夫は、医師から「子供か妻かどちらかしか救えない」と宣告されてしまう。妻の手術を優先すると子供が死に、子供を救えば妻はおそらく助からないというのだ。

選ぶことすら地獄のようにも思えるこの状況に、夫は「子供を救うこと」を選択する。医師たちは子供を救い出し、妻も助けようとしたが手術する前に亡くなったよう。

夫は子供を選んだことについて、もしも妻を選び子供が亡くなったときに夫が子供を選ばなかったことを一生恨むはず、妻はどれほど子供のことを思っていたかを私は知っている、と答えたという。


 

■「つらすぎる」「悲しい」

夫婦を襲ったあまりにも残酷な悲劇に、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では同情の声が寄せられた。

「私ならどうするだろう。子どもの誕生日でも大切な人の命日でもあるんだよね。つらすぎる」


「これは難しいよね。どっちが亡くなっても悲しいもんね。旦那さんは奥さんの性格をよく知ってての判断だろうし、他人がどうこう言える話じゃないね」


「旦那さんつらかっただろうね…」

次ページ
■自分の子供が絶対にほしい人は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ