気持ちで治ったら医者いらんわ! 「病は気から」のことわざに批判も

「病は気から」とのことわざがあるが、気持ちだけではどうにもならないのが病気の怖いところである。

ライフ

2018/12/12 11:00

風邪
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「病は気から」という、ことわざがある。気の持ちようによって、病気は良くも悪くもなるとの意味だ。しかし実際に病気を持っている人は、「気ではどうにもならない」と思っているかも…。


 

■3人に1人は「病は気から」は失礼?

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「病気について」の調査を実施。

病は気からは病人に失礼グラフ

「『病は気から』という言葉は、病人に失礼だと思う』と答えた人は全体で32.5%と、3人に1人はいることが判明。病気が気でどうにかなるなんておかしいと考えている人が、一定数いるのだ。


関連記事:浜崎あゆみ「弟」のライブ会場に出没し騒然 「あざとい」「落ち着きなよ…」

 

■健康に気をつけている人でも病気になる

性年代別では、50代以上の女性に多くなっている。

病は気からは病人に失礼性年代別グラフ

身近な人の不幸を経験し、気ではどうにもならないと思った人も。

「親世代の親戚の訃報も増え、生と死について嫌でも向き合う機会が多くなった。前向きな性格の人も晩年は病気で入退院を繰り返していたので、『気』でどうにかなるもんでもないと思う」(50代・女性)


健康に気をつけている人でも、病気になってしまう。

『酒やタバコもせずに毎日ウォーキングしていた叔父が癌だと聞いたときには、びっくりした。うちの父なんて健康なんて一切考えずに、好き放題やっているのに元気だから…」(50代・女性)

次ページ
■病から気への影響も

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ