坂口杏里さん、バンドメンバー募集へ 審査の基準に「何様…」「大丈夫?」

芸能界復帰を目指す坂口杏里さんが、バンドメンバーを募集することを公表。歌詞で自分の生き様を表現し、思いを伝えていきたいという

「ANRI」名義でセクシー女優としても活躍した、元タレント・坂口杏里さんが、芸能界復帰への活路として「バンド結成」を考えていることをSNSで発言。

メンバーをこれから募集するそうだが、メンバーの選考方法が物議を醸している。


 

■「坂口杏里審査」でメンバー募集

坂口さんは10日に自身のインスタグラムとツイッターを更新。バンドを結成する意向であることを訴えた。

坂口さんは昨年9月に芸能界を引退したが、「キラキラした自分に戻りたい」という思いから、芸能界への復帰を切望。今月4日に開催された「坂口杏里の芸能界復帰までの道のり」では、生歌を披露したことも話題に。

坂口さんはこちらの投稿に…

「坂口杏里審査にての、バンドメンバー募集しようかなと考えています!」


と、バンド結成にあたりメンバーを募集することを呼びかけている。


 

■「歌詞」を書いて思いを伝えたい

また、坂口さんは11日にもSNSを更新。

View this post on Instagram

歌を歌いたいっていうのはただステージで歌を歌って楽しかったっていう気持ちももちろんある。 けど私は詞を書きたいんです。 坂口杏里に詞なんて無理だよって思う方、たくさんいると思う。けど、自分の為じゃただのオナニー。 改めて私が犯したあやまちだったり、遊び狂ってた時期もあったけど、 それでもついてきてきてくださるファンへ感謝の気持ちを。 亡くなった母へ出来なかったこと、会いたい、けど会えない。 けど空から私のことを見てる気がする。 そんなママへ。 いかんせん私、口下手なので言葉ではなかなか言えないので。 自分の為に書く詞を書くつもりは1ミリもなく、 今までの私の【人生、生き様】も、書いていきたいんです。 なのでバンドメンバーオーディションをしたいです。 このノートとペンで歌詞を書いていきます。 このノートがボロボロになるまで、永遠に。

A post shared by 坂口杏里 (@anridayo33) on

人前で歌を歌って楽しかったというだけでなく、荒んだ時期を経てもなお自分を応援してくれるファンや、亡き母・坂口良子さんへの思いを自分の言葉で歌詞にしたため、伝えていきたいのだそう。

歌詞の内容は「自分自身の人生や生き様を表現してきたい」とも記し、「バンドメンバーオーディションをしたい」「歌詞を書いていきます、このノートがボロボロになるまで、永遠に」と強い決意を明かしている。

次ページ
■「上から目線の審査基準」に疑問の声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ