専門学生遺棄、犯人の「メモの内容」がヤバ過ぎると騒然 「あまりにも酷い…」

専門学校に通う20歳の女性の遺体が遺棄されていた事件で、犯人が残した「9枚のメモの内容」が注目を集めている

男性とパソコン
(BrianAJackson/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

東京都内の専門学校に通う女子学生(20)の遺体が、福島県いわき市で発見された事件で、死体遺棄の疑いで無職の男(27)が逮捕された。

男が女子学生の部屋に残したとされる「9枚のメモの内容」が徐々に明らかとなり、常軌を逸した内容に衝撃が走っている。


 

■部屋に血痕と9枚の長文メモ

逮捕された男は、今月3日から9日にかけて練馬区のマンションで暮らしていた女子学生の遺体を福島県いわき市の駐車場まで運び出し、放置した疑いが持たれてる。

女子学生は11月末から学校を欠席していて、学校から連絡を受けた家族が女子学生の部屋を訪ねたところ、ベッドに血痕が残されていたため、警察に通報したことで事件が発覚。

部屋には血痕のほかに、容疑者の男が書いたと思しき9枚にも及ぶ長文のメモが残されていたという。


 

■メモの内容と2人の接点

報道によると、長文のメモは手書きではなく…

「自分がやった」


「馬乗りになって殺害した」


といった内容が記されているという。また、女子学生と男は以前都内の飲食店で働いていたそうだが、容疑者の男は半年ほど勤務した後、勤務態度を理由に解雇。女子学生もその後店を辞めていったのだそう。

男は容疑を認めており「(被害者の女性と)交際していた」などと供述。

また、女子学生の行方がわからなくなった日に、学生の口座から預金のほぼ全額となる現金6万円が何者かによって引き出されていたことも発覚しており、警察は「強盗殺人」も視野に捜査を進めているという。


■「極刑を望む」激しい怒りの声

一連の報道を受けて『Yahoo!ニュース』には、容疑者に対する激しい怒りの声が相次いで書き込まれている。

「同じように犯人を殺せる制度ができればいい。被害者の恐怖や痛みを身をもって体験すれば良い。ご飯食べられて布団で寝られて、苦しまずに死ぬなんて甘い」


「何か突発的に殺人を犯した、ではなく、殺害の方法をメモに残したとか頭おかしい」


「わずか数万円のために女の子の未来が奪われたとしたらあまりにも酷過ぎる」


「親の気持ちを考えると…もういたたまれない」


「本当に付き合っていたの? 一方的な感情なのでは?」


「2人は本当に交際していたのだろうか」と疑う声も。


■パートナー間の金銭トラブル、若い世代に目立つ

しらべぇ編集部が全国の20~60代の交際経験のある男女1,074名を対象に「パートナー間で『金銭トラブル』を経験したことがある」人の割合を調査したところ、20~30代の比較的若い世代で目立つ傾向に。

sirabee0907money002

もっとも高い割合を占めたのは20代男性。3割近い人がパートナーとの金銭トラブルを経験しているようだ。

娘の部屋で血痕と異様なメモを目にした家族の気持ちを思うと、本当にいたたまれない。亡くなった女子学生の冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→痴漢男を1キロ追走し逮捕へ 19歳女子学生に「強すぎる」と賞賛

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20〜60代までの交際経験のある男女1,074名

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ