小林聡美、フィンランドへの愛語る 「母親の誕生日だから明日休む」スタッフも

2019年は、日本とフィンランドの外交100周年!100周年親善大使に照明デザイナーの石井幹子氏、スキージャンプ選手の葛西紀明氏、女優の小林聡美、ピアニストの舘野泉氏、アイドルの藤咲彩音、デザイナーの皆川明氏の6名が選ばれたと発表。

小林聡美

12日、「日本・フィンランド外交関係樹立100周年プレス発表会」がフィンランド大使館にて開かれ、100周年親善大使の6名が発表された。


画像をもっと見る

 

■100周年親善大使はこの6名

100周年親善大使に選ばれたのは照明デザイナーの石井幹子氏、スキージャンプ選手の葛西紀明氏、女優の小林聡美、ピアニストの舘野泉氏、アイドルの藤咲彩音、デザイナーの皆川明氏の6名だ。(葛西選手のみ、シーズン中のため欠席)

6人ともそれぞれ、フィンランドとゆかりのある人たち。


関連記事:中途半端なマズさで記事にできなかった「フィンランドの美味しくない寿司」3選

 

■小林聡美とフィンランド

小林といえば、やっぱり思い浮かぶのはヘルシンキで撮影された映画『かもめ食堂』だろう。

小林聡美

プライベートも合わせ、5〜6回はフィンランドを訪れているという小林。

「1番最初に訪れたのは、フィンランドの森をトレッキングをするドキュメンタリーの撮影。圧倒的な大自然の美しさに感動し、自然と共存する暮らしの賢さやユーモア・おおらかさに心を奪われて好きになりました」と微笑む。

小林聡美

その数年後に『かもめ食堂』の撮影で首都・ヘルシンキを訪れ、「都会なんですが、人も時間もなんとなくゆっくり流れていて。東京のようなせわしなさがなくて、居心地がいい」と感じたと語る。

さらに、「映画のスタッフもフィンランドの方々だったんですけど『母親の誕生日だから、明日は撮影休んでいいか』って! 日本では考えられないことが許される。人が心地よく、ちゃんと生活を楽しんで暮らしているって印象」と、撮影当時を振り返る。

次ページ
■藤咲彩音とフィンランド

この記事の画像(13枚)