ガッキーのブラック企業退職に「よかったね!」と視聴者安堵 『けもなれ』最終回

野木亜紀子×新垣結衣のタッグが話題になっていた『獣になれない私たち』。最終話で、ついにガッキーが会社を辞めることに!

エンタメ

2018/12/13 15:00

新垣結衣
(『獣になれない私たち』)

国民的女優・新垣結衣が、恋と仕事と悩みながらも奮闘するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の最終回が12日に放送された。

ガッキーがパワハラ社長に仕事を押し付けられ、ブラック企業の中で奮闘する姿に、視聴者たちは心を痛めていた本作。「辞めればいいのに……」という想いが届いたのか、最終回ついにガッキーがあの行動に出る!  


 

■ついに辞表を提出

前回の放送で、社長・九十九(山内圭哉)に社員への態度に抗議をするも、逆に「お前がいなくても会社はどうにでもなる。辞めればいい」と言われてしまった晶。

この発言に傷ついた晶は、会社を2日連続で休むことに。 そして、会社に出勤した晶は、再び社長と対峙。改めて、社長の傲慢な態度を指摘した晶は「自分を殺さないために」と退職願を提出。怒り狂う社長とは対照的に、社員たちはそんな晶を擁護し、温かく送り出すのだった。  


 

■明らかに加重労働だった晶

今まで、社長から膨大な量の仕事を押し付けれてきたガッキー。駅のホームでパソコンを打ったり、取引先の社員に土下座をしたり、無断欠勤をする新入社員の家に訪問したり……その負担は、1人には重すぎるものだった。

とくに初回の放送では、疲れ切った晶が無意識のうちに電車に飛び込もうとし、そんな自分に足をすくませるなど、かなり際どい描写もあった。

次ページ
■「よかったね!」と喜びの声

あなたにオススメ