『FNS歌謡祭』大塚愛、うっかり歌詞を間違え… 演奏後の「一言」に絶賛の声

名曲『プラネタリウム』を生放送で弾き語りした大塚愛。うっかりミスをしてしまうも、その後の「プロのテクニック」に称賛の声が相次ぐ

大塚愛
(画像は大塚愛公式Instagramのスクリーンショット)

12日、フジテレビ系音楽の祭典『2018FNS歌謡祭』の第2夜が生放送された。

シンガーソングライター・大塚愛(34)が、名曲『プラネタリウム』をピアノ弾き語りで披露したのだが、うっかり歌詞を間違えてしまうハプニングが発生。その後の彼女の言動に、絶賛の声が相次いでいる。

 

■歌詞を間違え「ごめん」

大塚は、黒地に赤と緑色の花柄のワンピースで登場。グランドピアノの弾き語りにストリングスの演奏が加わり、会場はしっとりと幻想的な曲の世界観に包まれていく。

しかし、生放送で緊張してしまったのか「あの星座 何だか 覚えてる?」という歌詞を繰り返してしまうトラブルが発生。

演奏を終えると、大塚はややうつむきながら客席に体を向け「ごめん」とぽつり。後半の演奏はミスの影響を全く感じさせなかったが、自責の念に駆られてしまっていたようだ。

 

■「あの星座を気にしすぎて…」

大塚は番組出演後に自身のインスタグラムを更新。

ハッシュタグで演奏中のトラブルについて言及しており…

「#あの星座 #気にしすぎて #ごめんなさい #私 #は #乙女座 #反省 #おやすみなさい」

 

とコメント。「あの星座」というフレーズを強く意識しすぎてしまったあまりミスに繋がってしまったことを明かし、ここでも「ごめんなさい」と謝罪。

その後で自分は乙女座であることを明かし、彼女らしいほっこりとする節で投稿を締めくくっている。

次ページ
■「ごめん」がかわいすぎて絶賛の嵐

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ