「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカー、現在の収入がヤバすぎる

「ラッスンゴレライ」でおなじみの8.6秒バズーカー。一発屋芸人の現在の収入に衝撃走る。

田中シングル
(画像は田中シングルInstagramのスクリーンショット)

12日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)にお笑いコンビ・8.6秒バズーカーが出演。現在の収入を明かし、話題になっている。



 

■超売れっ子から一転…

2014年から15年にかけて「ラッスンゴレライ」という不思議なワードと軽妙なメロディのリズムネタで、大ブレイクしたふたり。

多忙を極め、1日に最高で21本の仕事をこなしていたこともあったよう。移動のタクシーすら休みはなく、新宿から東京まで記者に取材され、途中の渋谷で記者が入れ替わる…といったことも珍しくなかったようだ。

ブレイク当時は月収4万円だったが、それから半年経って「500万円ずつ」に。まさに一世を風靡したコンビだといえる。

しかし、ブームが去ると収入も激減。現在は「家賃を支払ったらなくなるぐらい」のようで、貯金を崩しながら生活しているという。


関連記事:山里亮太、M-1王者・霜降り明星は「潰しておきたい」 後輩への愛情に称賛

 

■「久々に見た」「普通におもしろい」

「ラッスンゴレライ」だけでなく新ネタも披露した8.6秒バズーカ。視聴者からは「なつかしい」「そんなに前だったのか」と懐かしむ声があがった。

「8.6秒バズーカのブレイクから4年…!?そんな経った?」


「8.6秒バズーカダメだわ私…今見ても何が面白いかわかんないもん」


「8.6秒バズーカ久々に見たな。色々噂されていつの間にか消えてたよね」


「ひさびさに8.6秒バズーカ見たけど新ネタ普通におもろいと思うけども」


■一発屋芸人はかわいそう?

ブレイクしたネタを激しい勢いで消費される「一発屋芸人」たち。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「一発屋芸人」について調査したところ、4人に1人が「かわいそうだと思う」と回答した。

原発騒動や反日騒動など、ネタ以外でも注目されることの多かったふたり。現在は落ち着いた生活をしていると思うが、また再ブレイクする日はくるのだろうか…。

・合わせて読みたい→ひょっこりはん、一発屋会からのお誘いはなし? 「まだ耳を塞いでます」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)