グリーン車で騒ぐ家族、祖母の「自分の子ならしょうがない」発言に高嶋ちさ子激ギレ

『ザワつく! 一茂良純時々ちさ子の会』で新幹線グリーン車での迷惑行為について高嶋ちさ子が激ギレした…

エンタメ

2018/12/13 18:20

高嶋ちさ子
(画像は高嶋ちさ子公式Instagramのスクリーンショット)

発言が何かと注目されるヴァイオリニスト・高嶋ちさ子(50)が、SNS上で「グリーン車で騒ぐ家族」への不満を吐露し炎上した話題について、12日深夜放送『ザワつく! 一茂良純時々ちさ子の会』(テレビ朝日系)で熱弁。

長嶋一茂(52)、石原良純(56)らが芸能人ならではの「直接注意できない」苦悩とそれぞれの解決策を吐露し、大きな注目を集めている。


 

■高嶋のつぶやきが話題

番組では高嶋がツイッターで呟いた発言に世間がザワついたと指摘する。これを受け、高嶋は実情を説明していく。

新幹線のグリーン車で、横並びに座った親子と祖父母が通路を挟み大声で2時間半喋り続けた。イヤホンで音楽を聴くなどしたがそれでも聞こえてくるほどの大声に辟易しながらも、なんとか目的地に到着。

高嶋が出口で待っていると車掌から「注意したんですが、何度注意しても変わらなくて…。ご迷惑をおかけしました」と謝罪される。

そこに祖父母が偶然居合わせ、「1人で近くに子供がいたらアンラッキーだけど、自分の子供ならしょうがないわね」と悪びれることなく口にしたことに、激怒したというのだ。


関連記事:高嶋ちさ子、親のしつけに怯えていた幼少期を告白 「気づいたらボコボコにされていた」

 

■一茂、良純は…

これに一茂は「一般の方なら直接言えるが芸能人は簡単に行けない。トラブルになった時のリスクが大きい」と芸能人ならではの悩みを吐露。「ちさ子ちゃんの立場なら席を移動するしかない」と解決策を提案した。

良純は「変な時代になった。昔は大人が面と向かって注意していた。ホントは言って問題になるってことじゃない」と現在の風潮を嘆きながら、「お互いさまって思うしかない」と持論を明かす。

次ページ
■公共交通機関のマナー

あなたにオススメ