「専業主婦 vs 共働き」 加藤浩次の言葉に「救われた」「いいこと言った」

『スッキリ』専業主婦と兼業主婦の問題に、加藤浩次が持論を展開して話題に。

加藤浩次

家事や育児に専念する「専業主婦」と、仕事もこなす「兼業主婦」といえば、何かと対立しがちだ。「働いていないのはズルい」「家事育児をするのがそんなに偉いのか」とネット掲示板で争うこともしばしば…。

このことについて、13日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)での加藤浩次の発言が話題になっている。



 

■共働きママから陰口が…

番組では、専業主婦たちに「罪悪感」があるかについて街頭インタビューを実施。

「外食や買い物をするときに罪悪感をおぼえる」「同じような環境の中にいる友人がフルタイムで働いていることを知ったときに何となく後ろめたさを感じた」といった意見が寄せられた。

また、共働きのママ友から「暇じゃないの?」「健康なのに働かないなんて」と陰口を言われたという人もいるという。


関連記事:「仕事がしたくなくて結婚」を決めた女性 正直な本音に冷静な指摘も

 

■「罪悪感を感じる必要ない」

何かと「専業主婦 vs 兼業主婦」と対立させられることについて、加藤は「それぞれの夫婦のかたちがありますから。お互い話し合って一番良いかたちがいい」とバッサリ。

夫婦の中で話し合い、その結果として妻が専業主婦になったとしたら「それは罪悪感を感じる必要はない」と持論を述べた。

また、共働き夫婦についても「お金のためにやられている人がいる、生きがいのためにやっている人がいる、社会と繋がりたいってやっている人がいる。働きたければ、お互い夫婦で話し合って働いたらいいし、時間をシェアして子育てすればいい」と語り、専業主婦と兼業主婦が戦う必要がないと主張した。

次ページ
■「ほっとした」「救われた気分」と称賛

この記事の画像(1枚)