木下優樹菜、夫の関西弁を全否定し批判殺到 「最低」「自分のほうこそ…」

木下優樹菜が、夫・藤本敏史の関西弁を全否定していた… 木下がフジモンに言い放った一言に、批判の声が相次いでいる

木下優樹菜

上京して自分の方言が気になってしまった人は、決して少なくないはず。

11日放送の『やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です』(関西テレビ)にて、木下優樹菜が夫・藤本敏史が「関西弁を話さなくなった事情」について明かし、その内容に批判の声が相次いでいる。


 

■娘たちが自分の口ぐせを真似する

「イラッとする口ぐせ」というトークテーマにおいて、木下は子供たちを叱る際に追い詰めるような口調で「いいのね? いいのね?」と言ってしまうことがあるという。

ある日、木下がキッチンにいると、長女が次女を注意する声が聞こえてきた。娘たちの会話に耳を澄ませていると、長女は「いいのね? いいのね?」と木下と同じ口調で次女を叱っていたのだそう。

これを聞いた木下は「やっべ、うつってるって思って」「自分の口ぐせなんだって気付いたんです」と、娘たちにかける言葉に気を遣うようになったという。


 

■フジモンが関西弁を使い分ける事情

すると、共演者から「(大阪出身の)フジモンが関西弁を上手に使い分けているのはどうして?」という質問が。すると、木下は…

「それなんですけど。私が『あなたの関西弁イラっとするからやめてもらってもいい?』って言ったんです」


と、藤本の関西弁が不快なため、家族の前では標準語を話すよう強制したという。しかし、関西弁の人と話すとすぐに関西弁に切り替わるらしく、スタジオでは「上手に使い分けている」「優樹菜ちゃんがめちゃめちゃ好きなんだね」との感嘆の声があがった。

次ページ
■「最低」と批判殺到

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ