クラスの男子ほとんどが… 昭和の子供たちに坊主頭が多かった理由とは

たしかに、楽だけれど…

ライフ

2018/12/16 20:00

(safariman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昭和時代の子供たちの写真を見ると、少年のほとんどが坊主にしている。しかし現代では、坊主にしている子供は少ない。親の好みなのか、おしゃれな髪型をしている子もよく見かける。


 

■坊主経験者は半数近く

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男性762名を対象に、「髪型について」の調査を実施。

坊主にしたことがあるグラフ

「坊主にしたことがある」と答えた人は、全体で41.3%と半数に迫る結果であった。年代で大きく変わるのか、気になるところだ。


関連記事:浜崎あゆみ「弟」のライブ会場に出没し騒然 「あざとい」「落ち着きなよ…」

 

■少年野球をしていたから

年代が上がるほどに、坊主にした経験のある人が増えているのが印象的だ。

坊主にしたことがある年代別グラフ

スポーツといえば野球という時代に育った男性は、少年時代を坊主で過ごした人が多い。

「ずっと野球少年だから、子供の頃は坊主以外に選択肢がなかった。大学入ってからは反動からか、金髪やドレッドなど調子に乗っているとしかいえない髪型にしていたのは黒歴史」(30代・男性)

次ページ
■クラスの大半が坊主

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ