内村光良「人生で1番つらかった仕事」を告白 壮絶な過去にスタジオ騒然

内村光良が、人生で1番つらかった仕事について告白。想像を絶する現場の状況に、数々の体当たりロケをこなしてきた出演者たちも騒然となった

エンタメ

2018/12/16 16:00

世界の果てまでイッテQ!
(画像は『世界の果てまでイッテQ!』番組公式ページのスクリーンショット)

9日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、内村光良が「人生で1番つらかった仕事」を告白する一幕が。

壮絶な現場の様子にスタジオも一時騒然となったほか、視聴者から多くの反響が寄せられている。


 

■内村「ドーバー海峡横断」を振り返る

この日、番組では不定期開催の新プロジェクト「イッテQ!遠泳部」が発足。部長に就任する内村へ、番組スタッフが企画内容を説明する場面もオンエアされた。

海外ロケで滞在するホテルにプールがあると、時間を見つけて泳いでいるという内村。そんな彼の「泳ぎたい気持ち」を汲み、遠泳部では「オーシャンズセブン」と呼ばれる世界の7大海峡を完泳することを目標に活動していくという。

しかし、内村はスタッフが差し出したフリップの「ドーバー海峡」の部分を指差し…

「(遠泳は)人生で一番キツかった仕事だよ。芸能界で1番キツかった。ここ(ドーバー海峡)はルールが半端なかった…」


と、かつての「ドーバー海峡横断」を振り返り、過酷な現場の状況について語り始めた。


 

■冷たい海を1時間以上、裸同然で泳ぎ続ける

かつて『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(同系)にて、オーシャンズセブンの中でも最も過酷とされているドーバー海峡横断に挑んだ内村。

遠泳では海峡ごとに参加チームの人数やルールが設定されており、ドーバー海峡は6名で1チーム、1人1時間泳がなければ交代は認められない、水温は良くて17℃ほどしかなく、ウェットスーツの着用なども一切認められていなかったという。

この状況にスタジオは騒然。「ウェットスーツじゃダメなの?!」と、世界各地で体当たりロケに挑んできたレギュラー陣からも驚きの声があがった。

次ページ
■胸アツ企画に反響も「無茶しないで」

あなたにオススメ