松本人志、ファーウェイ騒動をめぐる国際情勢に驚愕 「第三次世界大戦や!」

ファーウェイ騒動を三浦瑠麗と三上洋が解説。武田鉄矢の発言にネット荒れる展開も。

エンタメ

2018/12/16 14:05

松本人志

16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ファーウェイとZTEら中国製品排除にまつわる騒動が取り上げられた。


 

■ファーウェイ騒動とは

1日、中国通信機器大手・ファーウェイ副会長の孟晩舟氏がアメリカの要請を受けカナダ政府で逮捕。これによって中国国内でアップルなどの不買運動が起きる。

孟晩舟氏はパスポート没収やGPS装着を条件と約8億5000万円の保釈金を支払い保釈。一方、中国当局がカナダ元外交官など2人を拘束した。

日本政府はアメリカの呼びかけに応じる形で、安全保障上の懸念からファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を固めた。与党関係者による「政府がファーウェイの製品を分解したところハードウェアに余計なものが見つかった」とコメント。

国内携帯大手3社も次世代通信・5Gの基地局などに中国メーカー機器を使わない方針を明らかに。


 

■専門家の見解は

国際政治学研究者の三浦瑠麗氏は、今回の騒動は「イラン制裁絡みの政治的案件」と指摘。続いて「アメリカの産業ナショナリズムと中国監視強化が相まったバッシングではないか」と見解を述べた。

ITジャーナリストの三上洋氏は、5Gについて「とにかく早くて遅延がない」と説明。「このシステムの中央設備を握ると情報漏洩が怖い。中国政府の命令で総理大臣の居場所や誰にどんな情報を送ったのかを把握できるようになるかもしれない」と危険性を語る。

次ページ
■三上氏が疑惑に対して持論展開

あなたにオススメ