バラエティに「ヒール役」は必要なのか? 子育て世代の興味関心が目立つ傾向も

根は優しいのにクズな役を演じて盛り上げる人もいる

バラエティのヒール役
(yumenoginga1227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ダークヒーローとして振る舞いその場を盛り上げるヒール役。昨今のバラエティ番組では、特定の芸人をヒール役に見立て茶の間を賑わせているケースも少なくない。


画像をもっと見る

 

■2人に1人はヒール役推し

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査を実施。その結果、全体の42.6%が「バラエティにヒール役がいた方がおもしろい」と回答した。

バラエティのヒール役

2人に1人の割合で、ヒール役が「バラエティを引き立てている」と感じているようだ。


関連記事:少年犯罪への処罰は軽すぎる? 子育て世代の「厳罰化」意識が顕著に

 

■歳を重ねるごとに…

さらに、この調査結果を男女・年代別に分析すると…

バラエティのヒール役

もっとも高いのが、60代女性で42.7%。40代女性42.3%、50代男性41.3%と続いた。一方でもっとも割合が低いのは男女ともに20代で、3割未満と全体平均を大きく下回っている。

また、男女の割合にバラつきがあるものの、歳を重ねる毎にその割合が増えていることから、年代を重ねると「ヒール役の魅力」に気づくということだろうか。


■子育て世代はヒール役を求める

ヒール役を「面白い」と感じるのは、どのような人たちなのだろうか。まずは、未既婚別に切り分けてみると…

バラエティのヒール役

30〜50代の世代では、既婚者の割合が高く、大きく差が開いていることが判明した。

一般的に30代以降は、子育て世代と言われており、子供と一緒にテレビを見る機会が多いだろう。ヒーローと悪者が登場する構図は、子供にもわかりやすいことから、家族で視聴し楽しんでいるのかもしれない。

・合わせて読みたい→究極に自由だけれどちょっとさみしい一人旅 「旅をするなら一人がいい」と思う人の傾向とは

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1537名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)