松嶋尚美、南青山の児童相談所建設への発言に視聴者愕然 「虐待」「偏見であり差別」と炎上

19日放送の『バイキング』港区南青山の児相建設を取り上げた。話を振られた松嶋の発言が炎上している

話題

2018/12/20 07:30

松嶋尚美
(画像は松嶋尚美オフィシャルブログのスクリーンショット)

19日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、10月から今もなお続いている、都心の一等地である東京・港区南青山に建設予定の、児童相談所などの複合施設をめぐる問題を取り上げた。

番組内で「自宅近くに児童相談所が建設されるとなった場合…」に出した松嶋の発言が物議を醸している。


 

■住民説明会6回目でも、溝埋まらず

「児童相談所」をはじめ「DV被害者を一時保護する、母子生活支援施設」を総工費およそ100億円かけて建設、2021年4月にオープンさせる計画だ。

この計画には、当初から「なぜ南青山でなければいけないのか」「価値を下げてほしくない」など、一部住民たちからの激しい反発と不満の声が挙がっていた。

反対派の中には「南青山の小学校はレベルが高いので、児童相談所に通う子供たちが辛い思いをする」と、主張している人もいるようだ。先週末に開催され6回目となる住民説明会でも、怒号が飛ぶほど大荒れになり、住民と区側との深い溝はなかなか埋まらない。


関連記事:南青山・児童相談所の建設に抗議殺到 港区民の主張が「酷い」「プライドの塊」

 

■「引っ越す可能性ある」

19日の『バイキング』では、この問題についての議論が繰り広げられた。意見を求められた松嶋は「知識があまりない」としながらも、自分の住む区に児童相談所が来ることになったとしたら「引っ越しする可能性あります」とコメント。

その理由について、2児の母でもある松嶋は「親に暴行されてキーッとなった子が外に飛び出して暴力振るったり、カツアゲしたりするかもしれないという変な心配がひとつ」と述べた。

さらに、松嶋の子供が通う学校で暴力を振るった子がいたといい「親がしているから、された方はそこまで悪いとは思っていない」と持論を展開し、「そういう面では悩むことは正直、ある」と語った。


■「暴言、いや…虐待」「許されない」

自分の言葉を瞬間で思い直したのか、その他ゲストの空気を感じたのか「ちょっと最悪なこと言ってますけど…」と、自身のコメントを「最悪なこと」と締めた。しかし、松島の発言はSNSで多数の批判が寄せられている。

「この人の発言は、誹謗中傷、暴言、いや…虐待です。公共の電波使って虐待してますよ…謝罪してください」


「胸が苦しくなった。 保護された子どもは暴力を振るったりカツアゲする可能性あるから…って。すごい偏見」


「『知識があまりない』なら何も言わないでほしい。何か言いたいなら番組前に学んでおこうよ。電波に乗せてすごいこと言っているのは気付いてないよね」


「偏見であり差別でしょ。自分の子供さえ良ければいいの? いじめに繋がるよ。「虐待を受けた子どもを誹謗中傷」許されない発言でしょ」


バラエティでは飾らない発言が魅力でもあり「天然」と慕われている松嶋。だが、生放送であることと取り上げる内容を把握して、もっと真摯に向き合うべきなのかもしれない。

・合わせて読みたい→南青山・児童相談所の建設に抗議殺到 港区民の主張が「酷い」「プライドの塊」

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ