『モニタリング』ドッキリで指輪が映り込む放送事故? 「まさか…」と騒然

GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・小森隼の左手薬指の指輪がガッツリカメラに映り込んでしまい、一部の女性ファンが動揺する事態に…

小森隼
(画像は小森隼公式Instagramのスクリーンショット)

20日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)にて、ターゲットとなったGENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・小森隼の左手薬指の指輪が映り込む一幕が。

インターネット上が一時騒然となり、ファンからは様々な声が寄せられている。


 

■エレベーターが緊急停止するドッキリ

同番組は、ターゲットとなった小森に「乗っているエレベーターが突然停止し、密室の中で様々なトラブルが発生する」というドッキリを仕掛けた。

小森がエレーベーターに乗り込むと、エレベータが激しい揺れとともに緊急停止。外から異音が聞こえはじめたりと、かなり切迫した状況となる。非常ボタンを押して警備員に状況を説明しようとするも、パニックに陥ってしまったのかしどろもどろになってしまう小森。

終いには、室内に白い煙が立ち込め「ドアさえ開けてくれれば飛び降りて脱出する」と、小森は決死の覚悟で警備員に嘆願しはじめる。


 

■安堵の表情と指輪がキラリ

小森のかなりパニックになっている状況を受け、スタッフがエレベーターのドアを開けてネタバラシ。すると、壁にもたれかかり、両手で顔を覆いながら、小森は安堵の表情を見せた。すると、その右手の中指と、左手の薬指には指輪が。

「もしエレベーターが止まってしまったら、ジャンプするしかない」と、GENERATIONSのメンバー内で話したことがあるとそうで、「現実にこんなことが起こるんだなって…本当にジャンプをする準備をしていた」とコメントした。

次ページ
■「薬指の指輪」にファン騒然

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ