貧血で倒れた女性を介抱中に… 男の「暴走する性欲」に悲鳴相次ぐ

那覇駐屯地で沖縄地方協力本部(沖縄地本)所属の男性陸曹長が、貧血で倒れた女性にわいせつ行為に及んだ。

社会

2018/12/21 18:40

性暴力
(asiandelight/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

体調に支障をきたし反抗できない女性を、自らの性欲のままにもて遊ぶ…そんな悪質な犯行が、沖縄県那覇市内で起きた。


 

■2人きりになったところで…

11月28日、ある30代の女性が、自衛隊関係者と面会するために陸上自衛隊の那覇駐屯地を訪れた。女性はその際に貧血を起こし、気を失って倒れてしまったという。

そこに、沖縄地方協力本部所属の男性陸曹長が「介抱」の目的で同伴。男は女性を運び出して2人きりになると、あろうことか女性の身体を触り、さらに携帯電話で下半身を撮影したそうだ。

意識を取り戻した女性が、自身の携帯電話の通信アプリで助けを呼び発覚。男は、準強制わいせつ容疑で摘発されることとなった。男は現在、容疑を認めているとのこと。


関連記事:中島美嘉(35)の近影に騒然 「鈴木紗理奈かと…」「何飲んでるの?」

 

■「最低すぎる」と怒号

「介抱」というもっともらしい名目で、女性にわいせつ行為を働いたこの男。ネットには「怖すぎる」「最低」と悲鳴や怒号が渦巻いている。

・触るだけじゃなくて、写真まで撮るとか怖過ぎるだろ


・なんでそういう発想になるのか、不思議でしょうがない


・超最低だ。自衛官のイメージが下がる残念な行為。厳罰をのぞみたい


・短時間の間にあらゆることしている。普段からそういう妄想が頭の中にグルグルしてたんだろね

次ページ
■「意識が戻ってよかった」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ